イー・モバイルの3Gの通信速度が8月から42Mbpsから21Mbpsへダウン

イー・モバイルの3GサービスであるEMOBILE G4が8月中旬から最大42Mbpsから最大21Mbpsへダウンします。

3GからLTEへ

現在イー・モバイルは基地局から電波を3つ飛ばしています。一つがLTE(37.5Mbps)、残り二つが3G(それぞれ21Mbps)になります。

最大42Mbpsの通信は21Mbpsを二つ束ねて実現していました。

イー・モバイルの現在のトラフィックは3GよりLTEの方が多くなっているので、LTEをより高速化、回線に余裕を持たせるために二つある3Gの電波の一つをLTEに変更した方がよりユーザーのためになると判断したみたいです。8月中旬から順次切り替わっていくのでLTE対応WiFiルーターをお持ちの方は待ち遠しいですね。

今回の変更で影響がある人は

3Gは音声用にも使われているので無くなることは当分ありませんが42Mbps対応のGP02やD41HWを使っている方は21Mbpsになってしまうので早めにLTEに切り替えた方が良いですね。また、LTE非対応のエリアにお住みの方は当然LTE対応WiFiルーターでも3G通信になるので速度低下の影響を受けます。一日も早くLTEエリア化して欲しいところですね。

やっと75Mbpsへ

今までイー・モバイルはLTEエリアと言ってもほとんどの地域が37.5Mbpsのエリアでしたが、これで75Mbps化がスピードアップします。夏には100Mbps以上対応のWiFiルーターも発売されるようなのでイー・モバイルの高速化に期待です。

コメントを残す