ワイモバイルのWiFiルーターはこれから3年契約が必須に?2年契約可能機種はまもなく終了

7月15日からワイモバイルの料金プランが変更されて基本の契約期間が3年になってしまいました。具体的な変更点や注意点をまとめました。

3年契約対象機種は今のところ2機種

今発売されている機種では305ZTと401HWが対象機種になっています。おそらくこれから発売されるであろう機種も3年契約が必須になってくると考えられます。

305ZTは月間通信量無制限対象機種で、ワイモバイルで唯一月7GB制限の対象外になります。ただし、通信モードをLTEではないAXGPで通信を行うアドバンスモードにする必要があります。このAXGPは昔ウィルコムが使用していた2.5GHz帯の通信網です。ウィルコムがソフトバンクに買収されてワイモバイルでも使用可能になったというワケです。

アドバンスモード(AXGP)の気になる点

AXGPはWiMAXと同じ2.5GHz帯なので、屋内で繋がりにくい弱点があります。最悪なケースとしては無制限に惹かれて305ZTを契約したら自分が使うエリアではAXGPが圏外でアドバンスモードではネットが使えないケースです。

AXGPのエリアはこちらで確認出来ますが、本当に使えるかは実際に試してみる必要があります。ショップやカスタマーセンターに相談してでレンタル可能ならば、まずはレンタルをおすすめします。

2年契約でワイモバイルのWiFiルーターは使えないのか?

実はまだ303HWが契約可能です。303HWでは月7GB制限がありますが、下り165Mbpsのスペックで2年契約でOKです。

すでに在庫が無くなっている代理店も出てきているので、月7GB未満の使用量でWiMAXよりも広いエリアで使いたい人は急いだ方が良いです。

現在303HW対象で一番お得なのがYahoo!WiFiの月2,743円で使えるキャンペーンです。月3,696円が2年間953円割引されます。こちらも在庫が無くなり次第3年契約の401HWに切り替わるので要注意です。




⇒Yahoo!WiFiの公式サイトはこちら

ワイモバイルはこのまま突き進むのか?

正直なぜ3年契約を必須にしたのか理解に苦しみます。WiMAXは当然2年契約ですし、同じLTEのドコモも2年契約です。最近はドコモの格安SIMサービスでWiFiルーターとセットになったものも出てきています。

ますます存在感が無くなっていっちゃうような気がします。イー・モバイル時代から知る自分としては少し寂しい気持ちです。せめてもう少しやる気出してくれ!

コメントを残す