WiFiルーター4社比較通信制限編

今までWiMAXを除くすべてのキャリアで通信制限がありましたが、ついにWiMAXでも一部条件下で通信制限がスタートしました。

WiFiルーターキャリア別通信制限比較

キャリア名 対象通信量 制限内容
WiMAX 通常プラン:月7GBを超える量、3日間で3GBを超える量
ギガ放題プラン:3日間で3GBを超える量
通常プラン:速度を128kbpsまで制限
ギガ放題プラン:実測で5Mbps程度まで制限
ワイモバイル 303HW・401HW.月7GBを超える量、3日間で3GBを超える量
305ZT.3日間で3GBを超える量
303HW・401HW.速度を128kbpsまで制限
305ZT.速度を128kbpsまで制限
ソフトバンク 月7GBを超える量 速度を128kbpsまで制限
ドコモ A.各プランごとの上限(2,5,8GB)を超える量
B.3日間で1GBを超える量
A.B.速度を128kbpsまで制限

WiMAXのギガ放題プランとワイモバイルの305ZTが月の使用量に制限が無い仕様となっています。ただし、どちらとも3日間の通信量に応じた制限があります。

WiMAXは3日で3GB以上使っても実測で数Mbpsは出るので、制限時でも支障なく動画が観られます。ユーザーが使っていて制限を実感するのは、アプリやファイルをダウンロードしたりアップデートする時ぐらいです。

ワイモバイルはWiMAXとは違い、かなりキツイ内容と言えます。3日で1GB以上で通信速度は128kbpsにまで制限されるので、動画サイトはまず見られません。メールのチェックやちょっとした検索ぐらいしか使えません。さらにワイモバイルの305ZTは3年契約をしなければいけません。

ソフトバンクとワイモバイル共通で月7GBの制限があります。制限を解除することは出来るんですが、1GBごとに1,000円支払う必要があります。1GBを標準画質の動画再生の時間に換算するとおおよそ2時間42分くらいです。高画質にすば当然もっと短くなります。

ドコモは月額料金比較のページでも書きましたが、元々割高なのでエリア以外にメリットはないです。

自宅は固定回線、外出先でしかモバイルWiFiルーターを利用しないという方は特に問題ありませんが、動画も頻繁に見てパソコンやスマートフォンでもネットをするよという方はソフトバンクとドコモでお考えでしたら注意する必要があります。

通信制限の面ではWiMAXを選んだ方が賢明です。どんなにWiFiルーターの速度が速くなっても、制限があれば一気に意味が無くなってしまいます。快適に使うためにも通信制限の内容を把握しておくのは重要です。

コメントを残す